自分発見からお仕事まで結婚教育のエキスパートとして学べる

結婚教育Lab.について

  • HOME »
  • 結婚教育Lab.について

様々な選択の結果描かれる人生の軌道について、身近な結婚というテーマから考え、気づき、学ぶ一連の過程を私たちは「結婚教育」と呼びます。

結婚教育Lab.では、今まで「あたりまえ」とされていた結婚についての様々な概念を基本から見直し、学び、考え、一人一人が、後悔のない満足度の高い人生を生きていけることを目指す学びの場を提供していきます。

結婚をする人が上で、しない人が下のような・・・

夫婦円満の人が上で、離婚する人が下のような・・・

子どもを持つ人が上で、持たない人が下のような・・・

私たちの暮らす日本は、善きにつけ悪しきにつけ家族という関係性の影響が大きいことから結婚に関しても理想の形を個人に押し付けがちな傾向が伺えます。

この多種多様な時代に、一人一人が自分の人生のお題に対し、もっと自由に、もっと気楽に、もっと素直に、追求できる幸せを皆様と共有していきたいと考えています。

結婚教育Lab.では、結婚教育の学びを通し、自らの人生を、自らがごきげんに、さらに、自分以外の周りの人のごきげんも共に育て合う、受講されるみなさんのマインドとスキルの両輪が進化していくための学びと仲間づくりの場を提供します。

「どうして学校では結婚について教えてくれないの?」

ご相談者の方のこの一言が
「結婚教育」のスタート地点です。

私たちは、夫婦や親子、家族のあり方を学ばずに、全く異なる人生を生きてきた他者と婚姻関係を築こうとします。

モノや情報があふれ、多種多様な選択が許される今だからこそ、更に私たちは迷います。
多くの迷えるご相談者様との時間から、基本的に学んでいないことは学んでみよう、考えてみようと2012年より結婚教育の活動を始めました。

結婚教育Lab.では、「情で超えることのできないものは知で超える」と、よりよく生きるためのスキルと「その知(スキル)をどんな心(マインド)で使うのか」と考え、スキルとマインドの両輪を整えることをお伝えしていきます。
あなたの人生の随所随所で無意識に行う様々な選択の結果描かれる今までの人生の軌道について、身近な結婚というテーマから考え、学び、気づく一連の過程を一緒に初めていただければと思います。

Lab.に用意された様々な学びを通して、一緒にあなたの、そしてパートナーやご家族おひとりおひとりの人生がより豊かなものへと構築していただけると嬉しく思います。

結婚教育Lab.代表 棚橋美枝子

事業内容

代表者棚橋 美枝子(たなはし みえこ)
事業内容【結婚教育事業】
・結婚教育オープンカレッジ
・結婚教育専科コース
・結婚教育プロ専科コース

【結婚サポーター養成事業】
・地方自治体における結婚サポーター養成事業の受託

【セミナー・研修・講演事業】
・企業・自治体・行政機関(商工会・教員組合・各保険組合)
・各種講演講師派遣

事業実績はこちら
主な取引先・奈良県北葛城郡上牧町
・奈良県橿原市
・一般社団法人日本結婚相談協会(JBA)
・NPO法人日本結婚協会
・愛グループ 株式会社日本セレモ二ー
・株式会社たかくら新産業
・株式会社典雅
所在地〒633-0047
奈良県桜井市橋本92-1
電話番号0744-47-4318
FAX0744-47-4318
E-mailinfo@gran-esperanza.co.jp
URLhttps://school.mamiesheart.com
営業時間10:00~19:00(不定休)
運営会社株式会社グランエスペランサ
会社概要はこちら

メディア掲載

【新聞掲載】
2020年4月11日
読売新聞夕刊 発言小町
「結婚生活 長続きのコツは?」
2020年5月22日
・読売新聞夕刊発言小町「私の入院中 家で夫が大量飲酒
2017年8月12日
朝日新聞
アラフォーママの孤立防げ 同世代で「あるある」共有 高齢出産後の悩み話す場広がる
2017年4月11日
読売新聞夕刊 発言小町
結婚生活 長続きのコツは? 新たな家庭つくる意識
2017年3月19日
奈良新聞
夫婦の形、多様に 日本結婚教育協会 大和郡山で講演会(いのち繋ぐ講演会)
2017年1月31日
朝日新聞
「5年で8組」結婚・定住へサポーター 上牧町
2016年10月18日
読売新聞
「結婚とは」…子供時代から学ぶ
2016年5月18日
産経新聞 朝刊
「婚育」イベント盛況 子供も結婚を学ぼう
2016年2月8日
産経新聞
「ご助力の力を」虐待の背景や関わり方考える人権フォーラム
奈良新聞
心救う優しい社会を 奈良でフォーラム 石野真子さんら 虐待防止考える
2015年09月
朝日新聞
音頭を取るのは、幸せな結婚生活のための「婚育」を勧める大和郡山市のカウンセラー、棚橋美枝子さん
2015年9月10日
朝日新聞
夫婦円満 お手伝い 大和郡山の棚橋さん 理解への近道 年代ごと「婚育」
2014年11月
産経新聞
セックスレス、夫のATM化…結婚10周年は夫婦の危機?2014年8月
産経新聞WEST
DV、浮気、性格不一致、結婚とは、夫婦とは何か…「結婚を学ぶ教育=婚育」NPOの願い
2014年7月
朝日新聞
結婚学んで、豊かな生活を 奈良の女性が「婚育」NPO

【雑誌掲載】
2020年4月14日号週刊SPA!「結婚10年目の残酷な真実 300人アンケートで見えたことは」
2020年6月9・16日合併号週刊SPA!「コロナ離婚が急増中」
2012年 ブームの真相2012 企業の扉
「すてきな輝く自立した未来」をサポート 夫婦問題解決のプロフェッショナル
2011年 COMPANY TANK
ピンチがチャンス!夫婦問題から輝く人生を共に掴もう!/女優 秋川リサ氏との対談

【ネットニュース掲載】
・日経ARIA 7月下旬特集「結婚・離婚・事実婚 これからのパートナーシップ」(2020/7/20)
バツイチ同志の結婚はうまくいく?離婚から学ぶこと
日刊SPA! 許される不倫と許されない不倫の違い・・・浮気問題を大真面目に考える(2019/12/3)
Yahoo!ニュース 結婚10年目の残酷な真実 300人アンケートで見えたことは(2020/6/8)
女子SPA! 妻のDVと奇行で家庭が壊れ…コロナ離婚をする男性の胸のうち(2020/6/10)
Yahoo!ニュース 妻が離婚を決意したのは「結婚10周年の夜」夫の何が悪かったのか…(2020/7/5)

【ラジオ出演】
2012年6月 ミシェル・キョーコと熱血FPの一期一会(2回目出演)
2012年3月 ミシェル・キョーコと熱血FPの一期一会(初出演)
2015年6月 一般社団法人大和ブランド推進協議会ラジオ公開出演 映像はこちら
2018年9月 FMGIG「あすかのPOP UP タイム」
棚橋代表のラジオ番組「棚橋美枝子の結婚教育ラジオ講座」
ならどっとFM78.4MHZ
2016年10月~2017年9月 第4水曜日15時30分~16:00放送
2016年10月28日ゲスト 協会理事 佐田俊弘氏
11月25日ゲスト NPO法人日本足育プロジェクト協会代表理事 玉島麻理氏
12月23日ゲスト 結婚教育アドバイザー 糸木佳奈子氏
2017年1月27日ゲスト 奈良県立大学地域創造学部准教授 岡井崇之先生
2月24日ゲスト 結婚教育カウンセラー3名
長濱文子氏、林原陽子氏、牧村鹿子氏
3月23日ゲスト NPO法人イクカツ代表理事 中野美紀子氏
4月27日ゲスト 一般社団法人全日本趣味起業協会代表理事 戸田充広氏、
エクセルライティング代表 戸田美紀氏 ご夫妻
5月25日ゲスト 河村総研代表 河村操氏
6月22日ゲスト 映画監督 塩崎祥平氏
7月27日ゲスト 結婚教育カウンセラー2名 長濱文子氏、野村昌子氏
8月24日ゲスト 京都土曜美人講座主宰 大森あゆみ氏
9月28日ゲスト 株式会社スプラッシュジャパン 代表 今野裕幸氏

よくある質問

Q もう60代なのですが、年齢が高いのではないかと気になっています。

A 結婚教育を学ばれている方には、60代や70代の方もおられます。結婚について人生について、あなたのご経験が活かせる学びですので遠慮なくオープンカレッジから覗いてみてくださいね。

 

Q 私は20代なのですが若すぎるのではないでしょうか

A 結婚教育を学ぶのは実は幼少期からスタートできるのがいいのです。それぞれ様々な年代を通して学びがありますのでご心配には及びません。ぜひ一緒に学んでいきましょう。

 

Q 今まで結婚教育を学んだことがないし、あまり世間に知られていないので不安です。

A お察しいたします。結婚教育は2012年にLab.主催の棚橋代表が提唱しました。その後も棚橋代表自らが大学で学び研鑽を深めながらお届けしていますので、ゆっくりじわじわとした歩みです。なので広告宣伝は一切使っておりません。結婚教育を知らない方のほうが多いのは当然ですね。受講生の皆さま全て初心者です。ご興味おありの場合は結婚教育オープンカレッジから是非お気楽にお運びくださいね。

 

Q オープンカレッジの受講をしたら何か資格はとれますか。

A ご希望の方には、NPO法人日本結婚教育協会の認定サポーターとして認定を受けることができます。NPO法人日本結婚教育協会では、結婚教育の有資格を活かし活躍する方がたくさんおられます。ぜひ一緒に楽しく活動をなさってくださいね。

 

Q 専科コースでは何か資格が取れますか

A 専科コースは結婚教育の学びを深めていくための場となります。婚育100年プロジェクトを1期ずつ学んでいきます。あなたの人生を長いスパンで見直すことで、人生の捉え方が変わり視野の広がりを感じられると思います。ぜひ一緒に学んでいきましょう。※希望者にはNPO法人日本結婚教育協会認定相談員の資格取得が可能です。

 

Q 専科プロコースを受けたいのですが・・・

A 専科コースは、オープンカレッジを受講されたサポーター、旧結婚教育カウンセラースクール受講生、他、結婚教育をお仕事にしていくための条件が揃っている方と何度も面談を繰り返す上でおすすめいたしております。結婚教育をまず覗いていただき深めていただきましてから是非ご一緒にお力をお貸しください。お待ちいたしております。

 

Q 結婚教育を学んだあとはどのように活躍の場がありますか

A まず、結婚教育はご自身の学びのためにありとご理解ください。結婚教育オープンカレッジで学ばれた方とは適時、勉強会や個別相談をご利用いただきながら、あなたにとって一番適切な活動の仕方をご提案させていただきます。

 

Q 私は夫婦問題で悩んでいます。今はお勉強どころではないかと思うのですが・・・

A 夫婦や親子の問題は大変に苦痛の伴うものです。お辛いお気持ちをお察しいたします。夫婦問題を抱えている方が結婚教育を学ばれるのは「結婚に関する知識がなかった。」「結婚について学んだことがなかった、誰にも教えてもらっていなかった」という点に気づかれたからです。知識の補充が大きく視野を広げることになるでしょう。ぜひ学んでみてくださいね。

 

Q お仕事が忙しいので、受講は問題ないかと気になります。

A 結婚教育オープンカレッジはオンライン講座での受講が可能です。また、専科コースは2名から4名までのパーソナルラーニングとなりますので複数の日程から、あなたの希望日の選択が可能であり、オンライン学習も可能ですのでご安心ください。専科プロコースの方は面談授業必須となりますが、これも1から2名までのパーソナルラーニングとなりますので日にちを一緒に調整していきましょう。

お気軽にお問い合わせください

PAGETOP