主宰者について

  • HOME »
  • 主宰者について

主宰者からのメッセージ

結婚教育カウンセラーを志してくださるみなさま、
関心をお寄せくださるみなさまへ

2011年1月から夫婦問題カウンセラーとしてスタートをすることにしました。
「こんな仕事で本当にやっていけるの?」
「静かに看護師をしておきなさい」
周りの人からそう言われました。

しかし、私は夫婦問題カウンセラーという道を選択し、
今、結婚教育カウンセラーとして充実した毎日を送っています。
この人生を生きる前の私は看護師、医療カウンセラーを経て7年勤めていた美容系のカウンセラーの仕事を人間関係のしがらみに傷つき退職していました。

周りは再度、看護師として生きることを進めましたが、看護師に戻る気には到底なれません。
看護師として定年を迎えるときの自分の姿を想像した時に私は、とても幸せで健康で生きがいをもって生きている自分の想像ができませんでした。
私の親友は看護師に生きがいを見出し生き生きと生きていましたから看護師をしている方がみなさん私と同様の意識を持っていると決してそう言っているわけではありません。
私は13年半で結婚生活にピリオドを打ちました。
離婚後も多くの葛藤を抱えていましたが、私は年を重ねるほどに
生き生きと後悔なく自分を大好きで、自分を認めて、余裕をもっていきていけるのは、どういう方法なのだろうと常々考えながら、医療現場を去ったあとは、ボランティアや地域活動などをしながら美容系のカウンセラーとして従事したこともありました。
人間関係も経済的にも人生最大の挫折をしていた、2010年、夫婦問題で名高い岡野あつ子先生を知り、カウンセラー養成講座の説明会に行きました。

「この仕事をしたい!」

魂の震えるのを感じました。
使命感を持ち、2010年秋から離婚カウンセラー養成講座で学び、
2011年1月には事務所を構え開業、その翌2月から全国各地にクライアントさんが誕生しました。
「夫婦問題」とネットで検索をする頃には、もうドロドログダグダに傷ついている沢山の方々のサポートをする中で、結婚相談所の必要性も考え、ほぼ同時に開業し、開業3か月目で結婚できる方々が誕生してきました。

i01
(真剣な表情で学ぶ3期生の先輩たち)

多くの方のお役にたつことができる中で思ったこと。

夫婦問題の段階に来ての対応だけでは、もう難しい。
幼少期から高齢期にわたって「人は、何歳になっても成長することができ、様々な困難や試練がすべて人生を豊かなものにするということ」をお伝えするメソッドが重要であることを感じ結婚教育の普及のためにとNPO法人日本結婚教育カウンセラー協会を設立。

そして「婚育100年プロジェクト®」をプログラム化しました。

i02
(学ぶ意欲に性別や年齢は関係ありません)

i03
(あらゆる世代の友情が豊かに瞬時に広がり深まります)

i04
(授業はカウンセラー自らが体感をしていくことが大切ですね)

i05
(食と結婚教育の融合は「帰りたくなるおうち作り」へと進化していきます。)

今では、自分自身の人生の経験そのものが、お人のお役にたてることがうれしくてたまりません。

結婚するカップル67万組、離婚する夫婦が23万組。
結婚すれば誰でもしあわせになるというわけではなく、共に人生を深めることができる夫婦になるためには、大いに学び、心を整えていくことが大切です。
その思いに共鳴し、多くの方のお役にたちたいと深い志を共にしてくれる人材を輩出したいとカウンセラー養成講座を2012年10月に第1期生をスタートし、いよいよ2017年の第5期生は、この5月からスタートとなります。

NPO法人日本結婚教育カウンセラー協会も2017年2月よりNPO法人日本結婚教育協会と名称を変更。
それに伴い、役割の細分化と専門性の向上をめざし、従来の結婚教育カウンセラーを結婚教育相談員へ。更に豊富な経験と高い専門性を極めた相談員を協会公認結婚教育カウンセラーとし、本講座終了後も相談員の資格取得に向けて、また専門性の高い公認カウンセラーへのスキルアップまで多種多彩なフォロアップを目指してまいります。

多くの皆様とともに結婚教育をベースに自立した経済と自由な時間の獲得をしながら
それと同時に自分の人生のすべてを大きく社会の中で役立てていく。
志のある仲間と共に切磋琢磨をしながら、尚且つ共に励まし、共に学び、共に豊かな人生を深めていきましょう。

i06

さあ!いよいよ結婚教育相談員として共に成長できる皆様とお会いできますことを先輩相談員と共に心より楽しみにし、祈っております。

tanahashi_h47_l

主宰者のプロフィール

20141206_rs004

棚橋 美枝子

1963年大阪生まれ
奈良県大和郡山市在住
社会人の息子2人の母

・NPO法人日本結婚教育カウンセラー協会代表理事
・マミーズハート代表
事業内容
「特定非営利活動法人日本結婚教育協会認定 結婚教育カウンセラースクール」
「たなはし夫婦問題相談所」「おとこの結婚相談所」など
・日本性科学学会会員
・日本思春期学会会員
・一般社団法人全日本趣味起業協会 理事
・NPO法人日本足育プロジェクト協会理事
・NPO法人イクカツ理事
・橿原市市民活動推進会議委員
・奈良県男女共同参画推進会議委員

 

事業概要

2011年1月、奈良県大和郡山市に夫婦問題相談所を開設。
看護師や医療系カウンセラーとして得た豊富な臨床での経験や人間を生理学的、心理学的にとらえた知識から説く「たなはしメソッド」を求めるクライアントは宮城県から熊本県まで全国に広がる。

様々な夫婦問題の相談から得た経験と知識をもとに作られた「婚育100年プロジェクト®」は、「豊かな結婚生活を送れる人間として生きるためにあらゆる年代層が学ぶべきこと」として人生を大きく9期に分けてプログラム化。その柱をベースに全国で結婚教育カウンセラーが活躍をしている。
養成講座を卒業した認定カウンセラーは、神奈川、奈良、和歌山、兵庫、滋賀、広島、熊本など全国各地で活躍中。
夫婦問題カウンセリングの他、セミナー講師としても活動範囲は幅広い。
「婚活バイブルセミナー」
「結婚教育基礎講座1,2,3」
「嫁・姑の理解について」
「愛することのできる大人に育てるために」
「でき婚授かり婚のサポートについて」
「仕事のできるオトコに育てるために」
「夫婦が仲良いことが地域、会社、社会を変える」
など
夫婦、家族の関係性から幅広く社会に投げかけるテーマも幅広い。

講師実績

◇かんまき未来創造マリッジサポーター育成研修事業受託(2017/1/22〜2/19)
 講座「現代社会の結婚を取り巻く実状」(2017/1/22)
 「夫婦・家族を育てるスタートにあたって」(2017/2/5)

◇熊本市子ども支援課主催 結婚世話人養成講座「現代社会の結婚を取り巻く実状」(2017/2/3,11)

◇呉市すこやか子育て協会・呉市医師会主催「これからの『家族のあり方』を学ぼう」講座 (2016/10/14)

◇呉市警察署主催結婚教育出前講座「これからの家族のあり方を考える」(2016/8/19)

◇河合町民生児童委員児童福祉部会研修会
「夫婦関係が与える子供の影響について 一地域社会が知っておくべき大切なこと」

◇広島国際大学 公開講座 「咲楽塾」 看護学部第24回公開講座「婚育について」

ひろしま未来のイクメンプロジェクト「未来のパパママ講座」

国際武道大学3回生キャリア研修にて「婚育ミニ講座」

◇神奈川県大和市学習支援センター主催「シンデレラ・ママ・機能不全家庭とは?」

◇埼玉県大和市南子育て支援センター◇奈良市立わかくさ保育園
◇奈良市みのり保育園◇大和郡山市立片桐幼稚園
◇大和郡山市立片桐西幼稚園 「幼児期から愛することのできる大人に育てるために必要なこと」

◇京都下賀茂神社「あおいガール」での女性勉強会 「適齢期で結婚ができる大人に育てるために」

◇奈良中小企業同友会北和支部支部定例会

龍馬プロジェクト・関東龍馬塾 「結婚教育の必要性について」

◇第21回大阪府松原市ひゅーまんフェスタ「愛することができる大人に育てるためのメソッド」

(有)オルタ―「ジューンブライドの出会い 婚育・親と子・夫と妻が学ぶべき大切なこと」

◇奈良県子育て支援少子化対策特別委員会「結婚教育から少子化を考える」

◇ウィメンズフューチャーセンター(WFC)「女性がどう起業をして成功していくのか」

◇関西最大大手結婚式場「ノートルダム神戸」にて「結婚までの準備期間が幸せな結婚生活のための準備期間です」

橿原市人権政策課男女共同参画事業「結婚っていいかも!しあわせになるための応援セミナー」

など、大学、幼稚園、女性団体、若手政治家団体、女性起業家、地方自治体などより講師として幅広いテーマにて開催。

各種講演・講座お問い合わせはこちら

PAGETOP